MESSAGE

山本太郎に付いて。
2011/05/29 07:52 AM
山本太郎に付いて。
俳優の山本太郎君が其の仕事を通じ原発問題えの発言と行動が問題視されて番組を下ろされ所属事務所も自主的に辞めたとある。
キャラクターとしては率直な物言いと青年っぽさが有って良い奴だなと感じていた、役者とすればもう少し影のあるメンタルが有ると役が広がるがなと思っていた。
今回の震災と原発に関して親族が福島在住となれば、発言が彼の有り様からすれば至極当然と云えて、其の通りだと考える、其れが何でこんな結果になるのだ、中庸の民族達よ是で良いのか、黙って見ていていいと思っているのか、怒りを感じないのか、去勢された中庸族達よ、発言せよ、意見を云え。
考えるに社会と云うのは色々な人々が夫々の考え立場と価値観で意見を言い合うのが健康な社会で、世の中は凸凹していて当たり前で頭っ面をチョンとちょん切ってフラットにした社会が真面か、そんなファッショな社会主義みたいな有り様は数多過去に経験している筈だ、発言せよ、意見を云え。
細かく事の推移を精査してはいないがメディアを信じるとしての意見だが。
第一にTV局、自主 と云うものが無いのか、そんなにスポンサーが怖いか、有力芸能事務所が編成局じゃ無いだろうが、何が正しく何が正義か位ハーバードの教授に聞かなくても判断付いてるだろうが。
スポンサーも金が正義と洗脳された奴等には理解不能かも知れないが、今回の被災を通じても分かるように如何に社会その構造が薄いものであるか思い知った筈で、大事な事は人智を超えたことが起こりうると強烈なメッセージを送ってよこした地球に甘えるだけで、人類が農耕を始めた有史以来何か地球の為になる持続した有り様と云える事が有ったか、自己正当化的な例えばエコなるものも本質として検証し続けているのか、此の上っ面社会め!。
トヨタ始め車産業も車を売るだけで、売った車社会での廃車になるまでの問題、都市繁華街の駐車問題、インフラに対しても運輸警察機構の仕事役割と、社会にたいするエリア意識をもっと鳥瞰化して自主的な提案整備等々、ひたすら社会と復層した関係を持つべきだ、其れをカンパニーとして概念化すべきだ。
そして一番問題なのはメディアだ、よくあるタレントの悪ノリ位にしか考えていないのでは、相変わらずお主達は表面しかなぞらない、一番事の如何をわかっているのに、上っ面報告だけか。
問題はメディア自体の時代認識が相変わらず古典的と云うか遅れている、。
今回の災害の政府・東電・原子力委員会・等々の発表ないし報道に悪までも従来型のTV・新聞・ラジオ・週刊誌・等々のプロのメディアは如何にも古典的パターンで、チェニジア・エジプト・中東全体であれだけの体制転覆が成ったか、現象しか見ていないのでは。
各メディアが云うまでもなく夫々サイトを有している筈で、其れが是だけのネットサーキットの時代感覚の先頭にいるかと云うこと、ネットと云う近代に於いて、良い悪いを超えた、超時代超組織超絶システムが如何なるものか、言い換えれば 超魔界 で有るかの認識が無い、ネットのドビー[奴隷]でしかなく自己呪縛をしている、ハッキリ言って勉強が、強力な先進意識が欠けている。 
政府・東電・原子力安全委員会・発表等、信用に足る訳ないでしょう、何故 ぶった斬らない まるで御用記者、御用達報道の群れとしか云えない。
人間が社会を組織しコンビニエンスと云う悪症故か科学及び進化の御旗の元造った原子力とかネットと云うものに個々の意識も含め社会全体が、およびじゃない、とモタモタと振り回されてどうするの、馬鹿丸出しではないのか、とにもかくにも大人し過ぎる。
メディアには本来事象に対する確固たる 自主 がある筈だ、もっと云えばメディアに思想が有るか無いかだ、是は民主主義とか社会主義とかではなく宇宙・地球・民族・国家・社会・そして人間・に対してのメディアと云う立ち位置の 質 の話しだ、責任は最も重い。
鑑みるにメディアは東電幹部政府高官の役人根性的質性と変わらない、大本営発表の鵜呑みメディアでもあるまい 自主 自立 たれ。
そして一番の卑怯者は、貴方達国民だ、何故怒らない、何故自分の意見をハッキリと言わない、素人のような為政者のもと何時までモルモット暮らしをするの、中庸の民 ごっこはいい加減にウンザリだ。
山本太郎君には初志貫徹と生きてもらいたい、今くじけると先の人生がどんどん汚れていくよ、太郎よ、ガッツだ。
所属した事務所も悩んだ事とおもうが、私なら絶対太郎が何と言おうと、誰が何と言おうと辞めさせない、例え事務所が潰れてもだ、と云うより是をチャンスと考える事が先ではないか。
そうやって踊りに踊らないと結局社会は疲弊していく、中庸族よ独立せよ、ものを云え。
いい加減に、何時まで、出る杭は打つ、式の古典的価値観を御旗の印にしてるんだ。
個人が目覚めない事には、事は始まらないのだ。
《ネット》!!
PAGE TOP